不動産投資クラウドファンディング業界が急成長していますよね。

中でもCMでも有名なサービスにCOZUCHIがあります。

COZUCHIは知名度も上がっていますし、利回りが高いことでも有名ですので、やばいのでは?仕組みはどうなっている?と気になる方もいるでしょう。

そのため実際に投資している筆者が構造を紹介していきます。

また、COZUCHIで、最大50,500円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です!

無料の投資家登録だけでも、Amazonギフト券2,000円分がもらえるお得なキャンペーンです。

この機会に無料の投資家登録をしてみてはいかがでしょうか。

COZUCHI公式サイト

 

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.わかちあいファンド
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
4.REISMファンズ(リズムファンズ)

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」なども加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は6月30日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

COZUCHI(コヅチ)はやばい?利回りは高いが元本割れゼロ

COZUCHIはやばいのでしょうか。

結論から言えば構造にも実績も問題はありません。

COZUCHIは10%などとても高い利回りのファンドを組成していますが、これまで一度も元本割れがありません。

元本割れゼロだけではなく早期償還により利回りが数十パーセントになる事例すらあります。

これまでの実績を考えればやばいと言われる理由は一つもないでしょう。

COZUCHI(コヅチ)はポンジスキーム?

COZUCHIの利回りは高いこともあり「ポンジスキームなのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

ポンジスキームとは、投資案件で出資を募り、出資者から資金を集め、その出資者には次の出資者からの出資金で分配するというものです。

実際は投資案件を運用しておらず、お金の横流しをするだけなのです。

この流れが続くと、いつかは出資者を募ることができなくなり破綻してしまいます。

COZUCHIは実際にある物件を実際に運用し、売却しているためポンジスキームに当てはまりません。

利回りの上振れをすることがあるというのもポンジスキームではない根拠の一つですね。

高利回り案件が多いですが、COZUCHIを運営する会社の不動産の目利きが良いということですね。

COZUCHI(コヅチ)には出資できない?

COZUCHIは出資ができないと聞いたことがある人がいるかもしれません。

実際にCOZUCHIは人気のサービスということもあり、

  • 先着は数分で完売してしまう
  • 抽選は倍率が高すぎる

ということが起こり、出資できないという声が上がっているのですね。

確かに出資する難易度は高いかもしれませんが、それだけ人気のサービスであるというのは安心できますね。

しかしCOZUCHIでは「COZUCHIチャレンジプログラム」を行なっています。

COZUCHIチャレンジプログラムはチャレンジポイント募集での出資申込み時に、COZUCHIポイントを使用することによって、抽選に当選しやすくなるキャンペーンです。

このCOZUCHIポイントは抽選に外れた回数によって付与されるもので、今まで落選してしまった人ほど次の抽選に当たりやすくなるシステムです。

このようなシステムがあれば出資の難易度も少し下がりますね。

COZUCHI(コヅチ)の仕組み

COZUCHIの仕組みがわかればより安全に投資することができますよね。

ここではCOZUCHIの仕組みを紹介します。

  1. 運営会社が不動産を調達してファンドを組成
  2. 投資家は出資したら償還を待つだけ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

COZUCHI(コヅチ)の仕組み1.運営会社が不動産を調達してファンドを組成

不動産クラウドファンディングではまず運営会社が不動産を調達します。

COZUCHIの場合も運営会社が不動産を調達して、ファンドを組成します。

COZUCHIに登録している我々一般投資家は、このようにして組成されたファンドに応募をして出資することになります。

COZUCHI(コヅチ)の仕組み2.投資家は出資したら償還を待つだけ

COZUCHI側で不動産を調達してファンドを組成します。

その後に私たちが出資をするわけですが、出資金を振り込んでしまったら何もやることがありません。

実際の不動産の運営から売却まで全てをCOZUCHI側で実施してくれます。

これほど楽な投資はほとんどありませんよね。

このような仕組みで投資家は簡単に不動産投資ができるようになっています。

まとめ

COZUCHIはやばいのではと心配の方はいるかもしれませんが、仕組みを見ても実績を見ても一切やばい要素はないでしょう。

それどころか出資以外全てを任せておけるにも関わらず、高い利回りを達成できるCOZUCHIはとても魅力的だと言えます。

気になる方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

また、COZUCHIで、最大50,500円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です!

無料の投資家登録だけでも、Amazonギフト券2,000円分がもらえるお得なキャンペーンです。

この機会に無料の投資家登録をしてみてはいかがでしょうか。

COZUCHI公式サイト

 

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.わかちあいファンド
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
4.REISMファンズ(リズムファンズ)

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」なども加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は6月30日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。