「不動産クラウドファンディングを始めようと思っているけど市場の規模は?」

「最近人気だけど、これからもまだまだ伸びていくの?」

不動産クラウドファンディングに興味がある方は気になるところですよね。

この記事では不動産クラウドファンディングの市場規模が拡大していくのか、世界での市場規模を説明していきます。

 

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.わかちあいファンド
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
4.REISMファンズ(リズムファンズ)

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」なども加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は6月30日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

不動産クラウドファンディング市場規模は?拡大していくの?

まず日本における不動産クラウドファンディングの市場規模と市場規模の展望について解説していきます。

2023年までの不動産クラウドファンディングの市場規模の推移は?

引用:令和5年7月 不動産・建設経済局 不動産市場整備課「不動産特定共同事業(FTK)の利活用促進ハンドブック」

この図は国土交通省が令和5年に公開した不動産特定共同事業(FTK)の利活用促進ハンドブックの1ページです。

不動産クラウドファンディングの件数は令和3年には227件だったのに対し、令和4年には419件となり、件数が約1.85倍となっています。

出資額は令和3年に231.8億円、令和4年は604.3億円となっており、比較して約2.61倍にもなっています。

たった1年で市場規模はかなり大きくなっているのがわかりますね。

また、物件数の増加よりも出資額の増加が著しいことから投資家からの注目度がかなり上がっていることがわかります。

年々、件数と出資額が増加している不動産クラウドファンディングですが、ここ1年は特に市場規模が大きくなっています。

今後の不動産クラウドファンディングの市場規模の展望

上記でも説明した通り、不動産クラウドファンディング市場は年々大きくなっています。

現状はファンドの募集が始まってクリック合戦になり、投資ができない人がいたり、抽選式のファンドでは募集終了までに200%以上もの応募があったりすることもあります。

またLIFULL不動産クラウドファンディングによると、2022年に21社が新規で不動産クラウドファンディング事業に参入しました。

投資家の注目も集まり、新規で参入する事業者も多いということでこれからの市場の成長は間違いなさそうですね。

不動産クラウドファンディングの世界における市場規模の推移は?

Custom Market insightsによると、不動産クラウドファンディングの世界の市場規模は2022年には約108億ドルで、日本円にすると約1兆5700億円です。

そして2022年から2030年にかけて市場規模は2500億ドルにもなると予想されています。

8年間で20倍では収まらないほどの成長が予想されているのです。

その中でもアメリカは世界の不動産クラウドファンディング市場の約4割を占めていると言われています。

不動産クラウドファンディングは日本ではまだ始まったばかりの投資サービスになります。

不動産特定共同事業法がクライドファンディングに適用するように改正されたのも2017年で、まだまだ始まったばかりです。

これからもっと法制度が整い、事業者も増えていくと予想されます。

日本でも不動産クラウドファンディング市場は更に拡大していくでしょう。

まとめ

今回紹介した不動産クラウドファンディング市場について、重要なポイントを3つにまとめました。

  • 日本での不動産クラウドファンディング市場は年々大きくなっている
  • 今後も市場規模は大きくなると予想される
  • 世界規模で見ても不動産クラウドファンディング市場は大きくなる

これから更に拡大を続ける不動産クラウドファンディングへの投資をぜひ始めてみてはいかがでしょうか。

 

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.わかちあいファンド
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
4.REISMファンズ(リズムファンズ)

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」なども加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は6月30日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。