「不動産クラウドファンディングが気になっているけど、元本割れしたサービスってあるのかな?」

「不動産クラウドファンディングで投資を始めてみたいけど、元本割れのリスクは避けたい!」

など、これから不動産クラウドファンディングを始めようと考えている方の中には、このような不安や疑問を感じている方も多いのではないでしょうか。

今回は編集部が不動産クラウドファンディングの元本割れについて詳しく紹介していきます。

元本割れリスクを避けるための方法や運営会社の選び方についても紹介していくので、不動産クラウドファンディングで投資を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.わかちあいファンド
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
4.REISMファンズ(リズムファンズ)

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」なども加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は5月31日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

不動産クラウドファンディングで過去に元本割れがあったサービスはある?

不動産クラウドファンディングで過去に元本割れになったサービスがあるか調べてみましたが、見つかりませんでした。

こちらは見つかり次第、追記していきます。

なお不動産クラウドファンディングを利用して元本割れになったサービスがないことから、利用する上で安心して利用できる理由とも言えるのではないでしょうか。

不動産クラウドファンディングで元本割れリスクを避けるための運営会社の5つの判断基準

ここからは、不動産クラウドファンディングで元本割れのリスクを避けるための、運営会社の5つの判断基準について解説します。

重要な判断基準は、主に以下の5つです。

  • 上場している会社か
  • 過去の運営実績が豊富か
  • 過去に元本割れがないか
  • 過去に配当遅延はないか
  • 詳しく情報開示しているか

判断基準1.上場している会社か

運営会社を見ていく上で重要な判断基準の一つ目は、上場している会社であるかどうかです。

一般的に、上場企業の方が資金力や実績もあります。

資金力があることで、資金力のない企業に比べて元本割れに陥るリスクが小さくなると想像できるでしょう。

また実績豊富な会社の場合、元本割れになりそうな状況になったとしても、今まで培ってきた経験を活かして乗り越えてくれるのではないかと期待させてくれます。

そのため運営会社を見ていくにあたっては、上場企業かどうかということは重要な指標の一つになります。

判断基準2.過去の運営実績が豊富か

先に少し述べましたが、過去の運営実績が豊富かどうかという点も、運営会社を見ていくにあたり重要です。

不動産クラウドファンディングを行ってきた運用実績が豊富な会社の場合、まだ運用実績が乏しい会社よりも蓄積された経験があります。

そして実績を積み重ねていく中で、様々な場面を経験しているはずです。

そのため元本割れの危機的状況になっても、今まで苦境を乗り越えてきた自信やノウハウを活用して、元本割れを回避していけるでしょう。

何よりも、元本割れにならないよう安定的な運用をしていくのではないかと期待を抱けるのではないでしょうか。

運営会社を見る際には、その会社の運営実績も注意して見てみましょう。

判断基準3.過去に元本割れがないか

運営会社を見る時は、過去に元本割れがなかったかについてもチェックしておきましょう。

過去に元本割れをしているということは、元本割れを起こした会社に何か原因があると疑わざるを得ないでしょう。

もちろん好きで元本割れを起こしている会社はないはずですが、元本割れを起こすには理由があるはずです。

厳しい見方ですが、運営会社の運営方法に問題があることが考えられます。

一度でも元本割れを起こしていると、今後も起こす可能性があります。

該当の運営会社が過去に元本割れを起こしているという事実を知ると、運用を任せるにあたり不安を感じるでしょう。

運営会社が過去に元本割れを起こしていないかについても、しっかりと確認しておきましょう。

判断基準4.過去に配当遅延はないか

過去に配当遅延がないかについても、よく確認しておくと良いでしょう。

投資をするにあたっては、配当をしっかり受けられることも大切ですね。

元本割れの有無同様に、過去に配当遅延があったのかについても要確認です。

判断基準5.詳しく情報開示しているか

運営会社が詳しく情報開示しているかについても、信頼できる会社か見極めるための重要なポイントとなるでしょう。

情報量の少ない会社では、何かやましいことを隠しているのではないかと、不安を感じてしまうのではないでしょうか。

そのため、自社の情報は可能な限り開示している会社であってほしいものです。

なお運営会社については、複数の会社を比較しておくと良いでしょう。

不動産クラウドファンディングに限った話ではありませんが、運営会社ごとにサービスや実績、そもそも会社が開示している情報量が異なります。

一つの会社だけを見ているよりも、複数の会社と比較してみることで、それぞれの会社の良し悪しを明確にできるでしょう。

上記に示した判断基準を参考に、たとえば三社以上の運営会社の情報を調べて一番信頼できる会社はどこか比べてみると、良い運営会社を選択できる可能性が高まるのではないでしょうか。

 

不動産クラウドファンディングで元本割れリスクを避けるためのファンドの2つの判断基準

不動産クラウドファンディングで元本割れリスクを避けるために、ファンドの2つの判断基準をおさえておきましょう。

2つの判断基準について、詳しくは以下の点です。

判断基準1.優先劣後方式を導入しているか

優先劣後方式を導入しているかどうかは、重要な判断基準の一つとなります。

優先劣後方式を導入していれば、投資家のリスクを大きく軽減できます。

優先劣後方式とは、投資家と共にクラウドファンディング事業者も出資を行い、投資家が優先出資者でクラウドファンディング事業者を劣後出資者とする方式です。

不動産クラウドファンディングを運用していると、たとえば収益物件の賃料の値下がりや空室の拡大などの状況に遭遇することもあります。

その時に優先劣後方式を導入していることで、優先出資者と設定されている投資家に、収益が分配されることとなります。

そして劣後出資の割合が大きければ大きいほど、元本割れになるリスクから守られるという仕組みです。

そのため元本割れリスクを避けるためには、優先劣後方式を導入していることは安心できる材料の一つとなるのです。

判断基準2.利回りが相場よりも高すぎないか

利回りが相場よりも高すぎないか、という点についても注意が必要です。

一般的に、利回りが高いことは良いこととされる場合がほとんどでしょう。

利回りが高いことで、受ける収益も高くなるものと想像して魅力に感じるのではないでしょうか。

しかしながら、利回りが高いということは、損失のリスクも高いということです。

相場よりも利回りが高すぎるということは、その分損失に陥るリスクも高すぎることになります。

そのため利回りの高さから収益の大きさに胸を躍らせて、リスクの高い運用になっていることに気づかず痛い目に遭う、ということが考えられます。

利回りが高いと思ったら、高いリスクも受け入れることになるものと、冷静に見極めましょう。

不動産クラウドファンディングのリスクを避けるためには分散投資が必須

不動産クラウドファンディングのリスクを避けるためには、投資する案件の分散投資を行っていることが必須です。

その理由としては、複数の案件に分散して投資することで、一つの案件が大きなリスクに直面して収益が悪化した場合でもリスクを分散することができるからです。

一つの案件のみに投資していると、収益もリスクも該当の案件次第ということになってしまいます。

上記の項目でも触れましたが、利回りが高すぎるなどリスクの高い案件に投資する際には、分散投資をしていることが特に重要となります。

なお分散投資については、不動産クラウドファンディングのみならず、投資信託など他の金融商品で投資をしていく際にも活かしていける考え方と言えるでしょう。

まとめ

今回は、不動産クラウドファンディングの元本割れについて、重要なポイントを4つにまとめました。

  • 元本割れを防ぐには、運営会社を詳しく調べることが重要
  • 優先劣後方式を採用していると有利
  • 利回りが相場よりも高すぎないか注意
  • 分散投資をしているかに注目

元本割れを回避するコツを参考にして、不動産クラウドファンディングを始めてみてくださいね。

 

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.わかちあいファンド
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
4.REISMファンズ(リズムファンズ)

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」なども加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は5月31日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。