貯金は大変ですよね。

コツコツと貯める必要があります。

一般的に日本人はどれくらい貯金をしているものなのでしょうか。

また貯金を寝かせておくのではなく増やす方法はあるのでしょうか。

ここでは投資家である筆者が貯金について紹介します。

危ない仮想通貨などは決しておすすめしませんので安心してください。

参考にしてもらえれば幸いです。

 

☆不動産クラウドファンディングに一括登録ができるFund Searchがリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.Darwin funding(ダーウィンファンディング)
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.REISMファンズ(リズムファンズ)
4.わかちあいファンド

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」も加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき500円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で2,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分の2,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は5月25日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

貯金の割合は年齢や同居によって異なる

貯金の割合については、一概に何割とは言えません。

年齢が20代なのか50代かでも異なりますし、一人暮らし、親と同居、独身、既婚で共働き、子供がいるなどでも条件が変わります。

ただし共通して言えることは、一定以上の貯金はどなたでも必要となるでしょう。

一般的に貯金の割合は20-25%が望ましい

貯金の割合について絶対的な正解はないでしょう。

筆者は他のデータなども確認しましたが、一般的に貯金の割合は20-25%が望ましいようです。

月収が25万円ならば5万円以上の貯金がよいわけですよね。

月に5万円貯金できれば1年で60万円貯まりますし、将来の備えにも十分な金額になっていくでしょう。

貯金の実態は平均より中央値で分かる

貯金について現状を知る際に注意点があります。

金融庁は貯金の平均値と中央値を公表しています。

一見平均を参考にしやすいのですが、実態に近いのは中央値と言えます。

平均は一部の大金持ちが一気に引き上げてしまうこともありますよね。

貯金の実態を金融庁の調査からチェック

金融庁は毎年貯金の実態を調査しています。

令和2年の調査結果を見てみましょう。

貯金中央値(20代)8万円

中央値は8万円とかなり少ないですよね。

20代はほとんど貯金がないと言えます。

貯金中央値(30代)70万円

30代は貯金70万円と、20代の8万円に比べて格段に増えます。

ポイントは40代や50代よりも高いです。

つまり30代は子供がいない世帯も多く、貯金をしておくべき時期と言えるでしょう。

貯金中央値(40代)40万円

結婚や子育てを行う40代は30代より低い結果が出ました。

40万円が中央値というのは低い印象ですよね。

貯金中央値(50代)30万円

50代の貯金は40代よりも低くなる調査結果となっています。

子供が大学に行くなど最もお金がかかる年代なのでしょう。

貯金中央値(60代)300万円

60代になると貯金は一気に増えます。

子育てが終わったこと、退職金がもらえることなどが要因でしょう。

20代から60代で一番貯金があるのは60代という結果になりました。

貯金を増やすには投資がおすすめ

貯金はそのまま寝かしておくのではなく、投資によって増やすことがおすすめです。

銀行に預けていてはほぼ何も変わりませんが、投資ならば年利5%や10%で増やすことも可能です。

貯金だけで貯めて貯金を切り崩すのみでは精神的にも負担となります。

貯金と投資はセットで考えることが重要です。

投資で貯金を減らさないことがポイント

投資と貯金はセットで考えるとお伝えしました。

しかし危険な投資をしてせっかく貯めた貯金を減らしてしまっては元も子もありませんよね。

しっかりと貯金できる人は投資で大勝ちをする必要はありません。

そのため安全性を重視した投資がぜひおすすめです。

間違っても一か八かの仮想通貨などに投資をするべきではないでしょう。

貯金を増やす投資は何がおすすめ?

投資にはいくつもの種類があります。

株式投資や投資信託が最も有名ですが、他にも不動産投資や仮想通貨、不動産クラウドファンディング投資もあります。

筆者は上記全ての投資を行ってきましたが、その中でも不動産クラウドファンディングはぜひおすすめできます。

不動産クラウドファンディングとは?貯金を増やしたい安定志向の人におすすめ

それではなぜ数多くある投資の中でも不動産クラウドファンディングがおすすめなのでしょうか。

一つ目の理由として安全性があります。

仮想通貨はかなりハイリスクハイリターン型ですので、損をする可能性は非常に高いです。

また株式投資も相場によって数十パーセントと損をすることは毎年ありますよね。

不動産投資では何千万円というローンを組むことになります。

これに対して不動産クラウドファンディングでは、1万円から投資を始められること、さらに業界全体でも損失が出たサービスがないのです。

絶対に儲かると言い切ることは当然できませんが、他の投資と比べても間違いなく安全性が高い事実があります。

50以上ある不動産クラウドファンディングの中でのおすすめはCREAL

不動産クラウドファンディングは業界として成長が続いており、サービス会社も50社を超えています。

その中でも筆者のおすすめはCREALです。

CREALはすでに109個以上のファンドを組成し、累計490億円以上の募集総額となる圧倒的な実績があります。

上場企業が運営していて月に何本もファンドを組成するスピードも他社より秀でており、総合力が相当に高いサービスと言えますよね。

ぜひ参考にしてみてください。

CREALの公式サイトを見る

まとめ

貯金の割合は人生のフェーズによって異なります。

一般的には20-25%が望ましいと言われているようですが、かなりの金額になりますよね。

難しい方は投資によって貯金を増やしていくこともぜひおすすめです。

投資をすることで貯金を減らしてしまっては本末転倒ですので、安定を重視することもよいでしょう。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

☆不動産クラウドファンディングに一括登録ができるFund Searchがリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.Darwin funding(ダーウィンファンディング)
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.REISMファンズ(リズムファンズ)
4.わかちあいファンド

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」も加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき500円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で2,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分の2,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は5月25日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。