「COZUCHIの特別優先権がどのような権利か知りたい」

「特別優先権の入手方法が知りたい」

COZUCHIには他社にはない独自のサービスとして「特別優先権」という権利があります。

しかし誰でも得られる権利ではなく、獲得するためには条件を満たす必要があります。

そこでこの記事では、実際にCOZUCHIに投資中の筆者が、特別優先権がどのようなサービスなのか詳しく解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.わかちあいファンド
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
4.REISMファンズ(リズムファンズ)

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」なども加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は6月30日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

COZUCHIの特別優先権とは

特別優先権とは、対象の案件に優先的に出資申し込みが出来る権利のことです。

一般募集を始める前に特別優先権を持っている方を対象とした優先募集を行います。

そのため、人気がある案件であっても投資出来る可能性が高くなります。

ただし、使用出来るのは募集方式が抽選式の案件に限られており、抽選式の案件であっても必ずしも利用出来るわけではありません。

案件によっては特別優先権が設けられていないケースもあるためです。

ちなみに、特別優先権の権利そのものに申込金額の上限は設定されておらず、案件ごとに設けられている上限金額での申し込みが可能です。

また、使用回数は1回なので、どの案件に利用するのかをよく検討するようにしましょう。

COZUCHIの特別優先権の入手方法

特別優先権を得るためには、案件ごとに設定されている付与条件を満たす必要があります。

例えば、自由が丘一棟ビル案件では、30万円以上の出資をした方に特別優先権を付与しています。

また、虎ノ門再開発プロジェクトフェーズ1では一次募集で投資した方には無条件で付与されており、二次募集の方は50万円以上の出資で特別優先権を得ることが可能です。

このように一定額以上の投資をすると特別優先権が得られます。

ただし、すべての案件で特別優先権が得られるわけではありません。

特別優先権が得られる案件に投資する必要があることを理解しておきましょう。

 

COZUCHIの特別優先権を使用する際の2つのポイント

特別優先権を使用する際は、以下の2つのポイントを理解しておく必要があります。

  • 付与されてから1年間しか利用出来ない
  • 確実に投資出来るわけではない

上記の2つのポイントについて詳しく解説するので、特別優先権を使用する際の参考にしてください。

COZUCHIの特別優先権を使用する際のポイント1.付与されてから1年間しか利用出来ない

特別優先権には使用期限が設定されています。

そのため、その期間内に特別優先権を使用しなければなりません。

特別優先権の使用期限は付与されて日から1年間です。

期限を過ぎてしまうと特別優先権が消滅してしまうため、注意するようにしてください。

ただし、案件の募集状況によっては延長するケースもあります。

COZUCHIの特別優先権を使用する際のポイント2.出資出来ないケースがある

特別優先権を使用したからといって必ず出資出来るわけではなく、出来ないケースもあります。

優先的に申し込みが可能になる権利であるため、特別優先権を使用した申し込みが多いと出資出来ない可能性もあります。

とはいえ、普通に申し込みをするよりも出資出来る可能性は高まるため、特別優先権を持っているなら使用を検討してみてください。

まとめ

COZUCHIは独自サービスとして特別優先権を付与しています。

特別優先権があると対象案件に優先的に申し込めるため、投資出来る可能性を高めることが可能です。

ただし、獲得するには条件をクリアする必要があるなど誰でも獲得出来るわけではありません。

また、使用回数や使用期限が決まっているなど使用する際に理解しておくポイントもあります。

そのため、この記事ではCOZUCHIの特別優先権がどのようなサービスなのかや、入手方法、使用する際のポイントについて解説しました。

COZUCHIの利用を考える方は、解説した内容を参考にしてください。

 

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.わかちあいファンド
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
4.REISMファンズ(リズムファンズ)

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」なども加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は6月30日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。