「不動産クラウドファンディングが気になっているけど、失敗した事例ってあるのかな?」

「不動産クラウドファンディングで投資を始めてみたいけど、失敗して大きなリスクを負うのが怖い!」

など、これから不動産クラウドファンディングを始めようと考えている方の中には、このような不安や疑問を感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、編集部が不動産クラウドファンディングにおける失敗について詳しく紹介していきます。

失敗を避けるための対策についても解説していくので、不動産クラウドファンディングで投資を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

 

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.わかちあいファンド
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
4.REISMファンズ(リズムファンズ)

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」なども加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は6月30日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

不動産クラウドファンディングにおける失敗は大きく3種類

不動産クラウドファンディングにおける失敗と言えば、大きく3種類が挙げられます。

不動産クラウドファンディングにおける3種類の失敗は、以下の通りです。

  • 償還が予定日よりも遅延してしまった
  • 投資したファンドが元本割れしてしまった
  • 投資した不動産クラウドファンディング事業者が倒産してしまった

償還が予定日よりも遅延してしまった

不動産クラウドファンディングを行っていると、元々想定されていた予定日よりも遅延してしまうことがあり得ます。

これはファンドの事情により、売却が予定通りに進まないためであると考えられます。

そのため償還される予定日に、償還されるはずの資金を利用したいなどの事情がある場合は、償還が遅れることが大きなリスクであり失敗と言えるでしょう。

投資したファンドが元本割れしてしまった

投資したファンドが元本割れしてしまうことも、不動産クラウドファンディングを行う上で考えられる失敗例と言えます。

まず「元本割れ」とは、投資していた資金が投資を終了して償還される際に減ってしまうことです。

これはどのような金融商品においても、投資を行う上で起こり得るものです。

不動産クラウドファンディングの場合は不動産に対して投資を行うこととなるため、該当の不動産の評価額が下がることで売却額も下がり、元本割れにつながる可能性があります。

このように不動産クラウドファンディングを行うことは、元本割れを引き起こす可能性を持つ「投資を行うこと」であることを自覚して、運用を行うことを心掛けましょう。

投資した不動産クラウドファンディング事業者が倒産してしまった

不動産クラウドファンディングを行っていると、投資した不動産クラウドファンディング事業者が倒産してしまうリスクもあります。

そして不動産クラウドファンディング事業者が倒産した場合、出資していた金額を失うことになります。

不動産クラウドファンディングを行う際には、あらかじめ該当の不動産クラウドファンディング事業者の情報について、倒産する可能性が高くないかなど確認しておくと良いでしょう。

不動産クラウドファンディングで失敗してしまった人の体験談

不動産クラウドファンディングで過去に失敗してしまった人の体験談があるか調べてみましたが、見つかりませんでした。

こちらは見つかり次第、追記していきます。

なお不動産クラウドファンディングを利用して失敗した人の体験談が確認できなかったことから、安心して投資に挑戦できる理由とも言えるのではないでしょうか。

不動産クラウドファンディングで失敗しないための対策

ここからは、不動産クラウドファンディングで失敗しないための対策について解説していきます。

今回は不動産クラウドファンディングの失敗を防ぐための有効な対策として、以下の5つを取り上げました。

  • 原則余剰資金で投資をすること
  • 運営事業者の信頼性・過去の実績を事前に調べること
  • ファンドの情報を精査して利回りの妥当性を調べること
  • 複数の事業者に投資をしてリスク分散を行うこと
  • 優先劣後方式の劣後比率が高いファンドに投資をすること

原則余剰資金で投資をすること

一つ目の重要な対策は、原則として余剰資金の範囲内で投資をすることです。

これは不動産クラウドファンディングに限らず、投資を行う場合には共通して心得ておきたい基本の考え方と言えます。

前述の通り、不動産クラウドファンディングを行う場合も他の投資を行う場合も、元本割れというリスクがついてきます。

そのため最悪失っても良いと割り切れる、余剰資金の範囲で投資を行うことが大切です。

不動産クラウドファンディングを行う際は、あらかじめ余剰資金を明確にした上で、無理せず運用していくことを心掛けましょう。

運営事業者の信頼性・過去の実績を事前に調べること

運営事業者の信頼性や過去の実績について、事前の入念な調査を行っておくことも大切です。

先に述べた通り、不動産クラウドファンディングを行っていると、事業者が倒産するリスクもあります。

そのため運営している事業者が運営自体を任せられるのか、倒産する可能性は高くないのか、また過去の運用実績は豊富なのかなど事業者情報を調べておきましょう。

また事業者情報を調べる時に、そもそも情報の公開に消極的な事業者は、運営の実態や過去の実績が不透明であるため要注意と言えるでしょう。

不動産クラウドファンディングを行う場合は、事前に十分な事業者情報を集めて、ある意味において「事業者を丸裸にする」ほどの意識で調べておくと良いのではないでしょうか。

ファンドの情報を精査して利回りの妥当性を調べること

不動産クラウドファンディングを行う場合は、ファンドの情報を精査して利回りの妥当性を調べておきましょう。

利回りの妥当性を調べる時に念頭に置いておきたいことは「利回りが相場よりも高すぎないか」という点です。

一般的に利回りが高いことは、収益も高くなるので良いことだととらえがちなのではないでしょうか。

確かに受け取る収益が高いことは魅力的ですが、利回りが高いことは良いことばかりではありません。

利回りが高いことで、その分損失に陥るリスクも高まります。

そのため利回りの妥当性を調べる上では利回りが高すぎないか、相場から離れていないかについて注意深く見ておくと良いでしょう。

複数の事業者に投資をしてリスク分散を行うこと

不動産クラウドファンディングを行う場合には、複数の事業者に投資をしてリスク分散することも重要です。

いわゆる「分散投資」というものです。

一つの事業者にまとめて投資していると、その事業者が高いリスクを抱えている場合、損失もまとめて受けることとなってしまいます。

この点において複数の事業者に分散して投資していれば、リスクも分散させることができます。

つまりは大きく収益を出すことがない代わりに、大きな損失を防ぐことができる「負けない戦略」と言えるでしょう。

これも、投資信託や株式投資など他の金融商品で投資を行う際にも大切にしておきたい考え方と言えます。

優先劣後方式の劣後比率が高いファンドに投資をすること

優先劣後方式の劣後比率が高いファンドに投資をすることも、大切な対策です。

優先劣後方式とは、投資家と共にクラウドファンディング事業者も出資を行い、投資家が優先出資者でクラウドファンディング事業者を劣後出資者とする方式です。

優先劣後方式は、事業者が優先的にリスクを負うことで投資家のリスクを軽減してもらえます。

また事業者の劣後出資割合が高くなるほど、投資家の安全性が高く保たれると言えます。

そのため優先劣後方式の劣後比率が高いファンドに投資をすることに意識を置いて、運用していきましょう。

まとめ

今回は、不動産クラウドファンディングにおける失敗について、重要なポイントを5つにまとめました。

  • 償還日の遅延、元本割れに注意
  • 事業者の倒産リスクを知っておくこと
  • 信頼できる事業者か、事前にチェックすること
  • 余剰資金かつ分散投資を心掛ける
  • 優先劣後方式の劣後比率が高いファンドに投資をすること

失敗を回避するコツを参考にして不動産クラウドファンディングを始めてみてくださいね。

 

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.わかちあいファンド
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
4.REISMファンズ(リズムファンズ)

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」なども加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は6月30日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。