不動産投資はとても魅力的ですよね。

筆者も投資をしていますが、何千万円というローンを組む点は大きなリスクです。

そのためリスクを抑えたい方には不動産ファンドもおすすめできます。

不動産ファンドには大きく2種類あるため、両方とも投資している筆者がわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.わかちあいファンド
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
4.REISMファンズ(リズムファンズ)

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」なども加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は6月30日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

不動産ファンド1.不動産投資信託(REIT)

不動産ファンドには不動産投資信託があります。

REITと呼ばれる投資です。

株式投資を行う人には馴染みがあるかもしれませんが、ここでは具体的に特徴を紹介します。

日々値動きがある

不動産投資信託の特徴として、日々値動きがあります。

株式投資や投資信託と同様ですよね。

損や得を毎日感じられる点は特徴です。

売買が可能

不動産投資信託は頻繁に売買が可能です。

これも株式投資や投資信託と同じで、トレードも可能です。

損するリスクも高い

不動産投資信託は実はハイリスクハイリターン型と言えます。

不動産投資をミドルリスクミドルリターンだという考えはありますが、不動産投資信託はこの安定性はないと言えます。

不動産ファンド2.不動産クラウドファンディング

不動産投資信託よりは新しい投資サービスとして、不動産クラウドファンディングがあります。

筆者は2年以上前から投資をしていますので特徴を紹介します。

日々の値動きはない

不動産クラウドファンディングには日々の値動きはありません。

一度投資をしたらほったらかしとなります。

トレードがしたい方には向きませんが、とても簡単な投資と言えますよね。

期間満了まで原則売却はできない

不動産クラウドファンディングはいつでも売買できるわけではありません。

運用期間が決まっており、投資をしたら原則途中での売却はできません。

一度投資をしたら運用完了まで待ちとなります。

今のところ業界全体で損失が出たことはない

不動産投資信託は損をするリスクも高いとお伝えしました。

一方で不動産クラウドファンディングはこれまで業界全体でも損失が出ていません。

安全性は非常に高いと言えるでしょう。

不動産クラウドファンディングは匿名組合型と任意組合型

不動産ファンドは大きく2種類あります。

その中で不動産クラウドファンディングは匿名組合型と任意組合型に分かれます。

大半の不動産クラウドファンディングは匿名組合型となります。

匿名組合型の不動産クラウドファンディングは1万円から投資できる

任意組合型の不動産クラウドファンディングは100万円からのサービスが多いのですが、匿名組合型については1万円から投資ができます。

少額からリスクを抑えて投資したい方には匿名組合型がおすすめです。

不動産ファンドと実物不動産はどちらがおすすめ?

筆者は不動産ファンドの投資も実物不動産投資も実施しています。

どちらがおすすめなのか回答します。

結論としては投資の目的によると言えるでしょう。

節税効果が欲しいなら実物不動産

節税効果が欲しい方は実物不動産がおすすめです。

不動産ファンドでは節税はできません、

実物不動産ならば諸経費、税金、減価償却を使うことで節税は可能です。

ただし元々収入が高くない方には節税効果も低いため、あくまで高所得者向けと言えるでしょう。

手間なくプロに任せたいなら不動産ファンド

実物不動産にメリットはあるのですが、手間という点では不動産ファンドがおすすめです。

丸投げできますので、実物と比べて手間は圧倒的に少ないです。

また自分自身で専門性を高める必要もないため、初心者の方には間違いなく不動産ファンドがおすすめできます。

不動産ファンドは不動産クラウドファンディングからがおすすめ

それではなぜ不動産ファンドとして不動産クラウドファンディングがおすすめなのでしょうか。

一つ目の理由として安全性があります。

不動産投資信託は高いリターンが見込める可能性もありますが、ボラティリティが高く損をするリスクも高いのです。

不動産の安定性を目的にREITを買うことは実はあまり向きません。

これに対して不動産クラウドファンディングでは、1万円から投資を始められますし、業界全体でも損失が出たサービスがないのです。

絶対に儲かると言い切ることはできませんが、不動産投資信託と比べても間違いなく安全性が高い事実があります。

50以上ある不動産クラウドファンディングの中でのおすすめはCREAL

不動産クラウドファンディングは業界として成長が続いており、サービス会社も50社を超えています。

その中でも筆者のおすすめはCREALです。

CREALはすでに110個以上のファンドを組成し、累計525億円以上の募集総額となる圧倒的な実績があります。

上場企業が運営していて月に何本もファンドを組成するスピードも他社より秀でており、総合力が相当に高いサービスと言えますよね。

ぜひ参考にしてみてください。

CREALの公式サイトを見る

まとめ

不動産ファンドには不動産投資信託と不動産クラウドファンディングがあります。

安定性を求める方は、業界でも損失が出ていない不動産クラウドファンディングがおすすめです。

不動産クラウドファンディングでも利回り10%など高いリターンを狙えるサービスはありますので、ぜひチェックしてみてください。

 

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.わかちあいファンド
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
4.REISMファンズ(リズムファンズ)

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」なども加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は6月30日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。