1万円ほどの少額から、ほったらかしで不動産投資ができる「不動産投資型クラウドファンディング」が非常に人気を集めています。

今人気な不動産投資型クラウドファンディング市場の中でも、一際注目を集めているサービスがCOZUCHI(コヅチ)です。

高利回りファンドが、高頻度かつ高い募集額で組成されているという点が人気の理由でしょう。

これだけ高利回りのファンドがあっても過去に元本割れは一度もなく、むしろ想定利回りよりも上回る額で償還している事例も多数あるです。

今回の記事では、COZUCHIに投資をしている人しかわからないメリットやデメリットはもちろん、他のサービスとの違いについても説明するので、ぜひ参考にしてください。

COZUCHI公式サイト

 

☆不動産クラウドファンディングに一括登録ができるFund Searchがリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.Darwin funding(ダーウィンファンディング)
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.REISMファンズ(リズムファンズ)
4.わかちあいファンド

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」も加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき500円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で2,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分の2,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は5月25日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

 COZUCHI(コヅチ)をやってみた人のTwitterや掲示板の評判・口コミを紹介

次にCOZUCHIに実際に投資をしている方々のリアルな声を、SNSから紹介していきます。

COZUCHI(コヅチ)に関する良い評判・口コミツイート①

COZUCHI(コヅチ)に関する良い評判・口コミツイート②

COZUCHI(コヅチ)に関する良い評判・口コミツイート③

COZUCHI(コヅチ)に関する良い評判・口コミツイート④

COZUCHI(コヅチ)に関する良い評判・口コミツイート⑤

COZUCHI(コヅチ)に関するネガティブな評判・口コミ①

COZUCHI(コヅチ)に関するネガティブな評判・口コミ②

COZUCHI(コヅチ)に関するネガティブな評判・口コミ③

COZUCHI(コヅチ)に関するネガティブな評判・口コミ④

本来ネガティブな意見が多いTwitterでさえ、COZUCHIに関するポジティブな意見と、人気すぎて当選できなかったというツイートばかりでした。

不動産投資型クラウドファンディングの利回りは4%~5%程度のものが多いですが、COZUCHIは10%に近い利回りのファンドも多いため、とても人気が高いです。

また、時期によってはキャッシュバックのキャンペーンなども実施されているため、利回り以上のリターンが得られる点も魅力でしょう。

avatar

松本

ツイッターやブログを見てみても、とにかく当たらなかったという点以外のマイナスの評価は見当たりませんでした。

高い利回り&貸し倒れなしで大人気のCOZUCHI公式サイト

 評判からわかるCOZUCHI(コヅチ)のメリット・特徴6選

次に、他社の不動産投資型クラウドファンディングと比較した際のCOZUCHIの6つのメリット

  • 実績ある不動産のプロが選んだ物件に投資できる
  • 毎月複数のファンドを募集
  • 優先劣後方式の導入
  • 非常に高い利回りのファンドが募集される
  • アプリから簡易審査で簡単に投資できる
  • ファンドに専門性と一貫性がある

について、順番に紹介していきます。

メリット・特徴①実績ある不動産のプロが選んだ物件に投資できる

実績ある不動産のプロが選んだ物件に投資できる

COZUCHIは、不動産投資型クラウドファンディングとしては2019年に始まった比較的新しいサービスです。

ただし、運営会社のLAETOLI株式会社は1999年創業と実績があり、不動産証券化のコンサルティング業務や、不動産小口化商品の組成と販売も自社でおこなってきました。

COZUCHIを利用すれば、経験を積んだプロが選んだ物件に投資できるので、より確実なリターンが期待できます。

メリット・特徴毎月複数のファンドを募集

毎月複数のファンドを募集

COZUCHIは、サービス開始当初こそ1か月~2か月に1回の頻度でファンドを募集していましたが、今では毎月複数のファンドを組成する月もあります。

ファンドの募集ペースが非常に高い不動産投資型クラウドファンディングといえるでしょう。

他社のサービスではファンドの募集が不定期であり、数か月投資ができないというケースも珍しくありません。

一方で、COZUCHIは2019年のサービス開始からすでに90以上のファンドを組成しており、投資できるチャンスが多いです。

投資したくても投資先がないのが不動産投資型クラウドファンディングの課題ですが、その点COZUCHIなら投資先が見つけやすいです。

メリット・特徴③優先劣後方式の導入

優先劣後方式の導入

COZUCHIは優先劣後方式を採用しています。

優先劣後方式とは、投資家と運営会社が運用しているファンドで共同出資をおこなう仕組みです。

損失が出た場合、一定の損失割合までは運営会社が先に損失を負担してくれるので、投資家に有利な内容といえます。

仮に不動産の収益が減ることや価格が下がることがあっても、先に損失を被るのはCOZUCHIの運営側です。

プロが選んだ物件に投資ができ、かつ優先劣後方式を採用しているので安全性は高いといえるでしょう。

メリット・特徴④非常に高い利回りのファンドが募集される

非常に高い利回りのファンドが募集される

COZUCHIの魅力は、なんといっても非常に高い利回りのファンドが募集されることでしょう。

不動産投資型クラウドファンディングサービスの利回りは平均で4%ほどですが、COZUCHIの想定利回りの平均は7%以上です。

さらに、ファンドは六本木や品川など人気が高い都心の物件が中心なので、立地も非常に魅力的です。

筆者もファンドの中身を必ず毎回チェックしていますが、高い利回りを実現できるだけの物件を仕入れていると感じました。

不動産事業に豊富な実績を持つCOZUCHIだからこそ、組成できるプロジェクトといえるでしょう。

またCOZUCHIでは利回りの上限を設定していません。

そのため想定利回り12%の案件が結果的に283.5%になったこともあります。

他のサービスでは考えられないようなシステムです。

メリット・特徴⑤アプリから簡易審査で簡単に投資できる

アプリで簡単に投資できる

COZUCHIにはアプリがあり、スマホからでも手軽に投資できます。

専用のアプリがない不動産型クラウドファンディング業者もあることを考えると、ありがたいですよね。

アプリで確認できる内容は以下のとおりです。

  • 本人確認の安全性を高めるeKYCを迅速に完了できる
  • ファンドの詳細情報を入手できる
  • ワンクリックで投資できる
  • 契約書面、投資収益のレポート などの書面・報告書を閲覧してダウンロードできる
  • 最新のニュースをゲットできる

移動中やちょっとした空き時間にも、投資案件のチェックや、登録情報を変更したりできるので投資する際はアプリを活用したいですね。

アプリについても別記事で詳しく説明しています。

<関連記事>COZUCHIにアプリは必須?レビューはよい?53万円投資している筆者が解説

メリット・特徴⑥ファンドに専門性と一貫性がある

ファンドに専門性と一貫性がある

COZUCHIのファンドには、専門性と一貫性がある点も特徴です。

他社の不動産投資クラウドファンディングの中には、募集される物件のエリアや種別がばらばらで、どのような方針でファンドが組成されているのだろうと不思議に思うものもあります。

一方で、COZUCHIでは5年といった長期のプロジェクトにおいて、開発などフェーズごとに段階的投資ができるファンドもあります。

長期プロジェクトでは渋谷や六本木、品川など東京のど真ん中の物件を扱っており、実際に確認しに行くことができないといった不安もありません。

avatar

松本

利回りは不動産クラウドファンディング業界の中でもトップクラスに高いです。
仕入れ会社との提携や権利関係など専門性も高く、総合的にも間違いなくおすすめできます。

高い利回り&貸し倒れなしで大人気のCOZUCHI公式サイト

COZUCHI(コヅチ)のデメリット・注意点

総合点が高いCOZUCHIですが、デメリットや注意点がないわけではありません。

  1. 人気のため抽選で当たらないことがある
  2. 元本保証や利回り保証がない
  3. 運営元であるLAETORI株式会社は非上場企業
  4. 分配金は総合課税の対象となり、税制優遇はない

それぞれ詳しく説明します。

デメリット・注意点①人気のため抽選で当たらないことがある

人気のため抽選で当たらないことがある

COZUCHIの案件は利回りが高い案件も多く、募集が開始されると同時に応募が殺到します。

想定利回りが10%以上の案件は投資家の注目も高いことから、抽選に当たらないケースも多いです。

しかし、これは不動産投資型クラウドファンディング市場全体が盛り上がっているため、COZUCHIに限ったデメリットではありません。

人気が高いものの、その分ほかの不動産投資型クラウドファンディングサービスよりも募集頻度が高いので、投資をするチャンスは他のサービスよりも多いでしょう。

さらに最近COZUCHIは「部分当選制度」を導入し、もともと10%程度だった当選率が35%ほどまで改善したと報告しています。

引用:COZUCHI2023年3月度 四半期レポート

COZUCHI最大の弱点とも言える当選しにくいという点が改善されてきたので、さらに業界内の地位が盤石になっているといえます。

<関連記事>COZUCHIは抽選が当たらない?解決策を53万円投資している筆者が解説

デメリット・注意点②元本保証や利回り保証がない

COZUCHI(コヅチ)のデメリット・注意点2.元本保証や利回り保証がない-

COZUCHIは元本や利回りは保証していません。

そもそも不動産クラウドファンディングでは、元本保証や利回り保証をしているサービスが存在しません。

投資にリスクはつきものですし、仮に元本保証としているサービスがあればそれは逆に危険なので注意して下さい。

デメリット・注意点③運営元であるLAETORI株式会社は非上場企業

COZUCHI(コヅチ)のデメリット・注意点3.運営元であるLAETORI株式会社は非上場企業-

運営元であるLAETORI株式会社は非上場企業です。

不動産クラウドファンディングを運営している非上場企業はたくさんありますし、必ずしも上場している必要性はないでしょう。

どうしても上場企業が良いという方にとってのみデメリットかもしれません。

デメリット・注意点④分配金は総合課税の対象となり、税制優遇はない

COZUCHI(コヅチ)のデメリット・注意点4.分配金は総合課税の対象となり、税制優遇はない-

分配金は雑所得となります。

つまり総合課税の対象となりますし、税制優遇はありません。

利益が出た場合は税金を支払う必要がありますので注意が必要です。

しかし次で紹介する「中長期運用型ファンド」では分配金は不動産所得になり、節税効果を受けられます。

COZUCHIが新しく始めた「中長期運用型ファンド」

COZUCHIは、2023年5月に「中長期運用型」ファンドの募集を開始すると発表しました。

COZUCHIの中期運用型ファンド

引用:新サービス「中長期運用型」について

中長期運用型ファンドの特徴をまとめます。

  • 運用期間が従来よりも長期化(これまで登場したファンドは10年運用予定)
  • 最低投資金額は10万円から
  • インカムゲインがメインになるため利回りは低め
  • 従来の匿名組合型ではなく任意組合型のスキームを活用
  • 不動産と事業者の倒産リスクを隔離できるスキームであるため、中長期運用の安全性が高いものに
  • 半年に1回売却の機会があるので、一定の流動性を担保

一番の違いは、これまでの「匿名組合」ではなく「任意組合」のスキームでファンドが組成されることです。

細かい違いは割愛しますが、「利回りはこれまでより少なくなりやすいが、長期間ほったらかしで運用し続けられる」点が特徴と言えるでしょう。

また不動産を所有することになるため一定の節税効果も期待できます。

長期間資金がロックされると不安になる人もいるでしょうが、半年に一度は売却して返金してもらえる機会もあるため、一定の安心感はありますね。

また、不動産テックラボ編集部として、COZUCHI代表の武藤様に対面でインタビューをさせていただきました。

興味がある方は、是非こちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事→COZUCHIが仕掛ける「中長期運用型(任意組合型)ファンド」とは?代表の武藤氏に直撃インタビュー【LAETOLI株式会社様】

なぜ利回りが高い?怪しいと言われるCOZUCHI(コヅチ)の安全性を投資家が徹底検証

COZUCHIは、実質利回りの平均が10%を誇る、大人気の不動産投資型クラウドファンディングです。

しかし、「利回りが高すぎて怪しいのでは?」という意見も見られます。

ここでは、投資家である筆者が、COZUCHIが怪しいと思われている理由とその実情について、わかりやすく解説します。

怪しいと感じる人の疑問①なぜここまで高い利回りで運営ができているの?

平均想定利回り7以上を誇るCOZUCHIですが、なぜここまで高い利回りでのファンド組成が可能なのでしょうか。

一般的な不動産投資型クラウドファンディングは、都内の区分マンションなどに投資しているケースが多いです。

しかし、区分マンションをはじめとする既存物件への投資では、どうしても利回りは低くなってしまう傾向があります。

それに対し、COZUCHIでは不動産開発プロジェクトが多いことから、土地の仕入れフェーズから投資可能なため、高い利回りで販売できるのです。

COZUCHI(コヅチ)でしか投資できない不動産プロジェクトが魅力

COZUCHIは土地や建物を安く仕入れられる、仕入れ専門のグループ会社を持っている

土地や建物の仕入れで重要となるのが、土地の仕入れ価格です。

COZUCHIでは、グループ会社に仕入れ専門の会社(株式会社TRIAD)を持っています。

この仕入れ専門会社が土地や建物を割安で仕入れ、速やかに提携しているCOZUCHIにファンドを組成します。

このようなスピーディな提携により、利回りの高いファンドをこれだけたくさん生み出せているのだと言えるでしょう。

怪しいと感じる人の疑問②ポンジスキームや詐欺案件ではないの?

COZUCHIが怪しいと感じる人の疑問2.ポンジ・スキームや詐欺案件ではないの?-

どうしても利回りが高いと、「詐欺なのではないか」「ポンジスキームではないか」と不安になる方もいるかもしれません。

結論、COZUCHIは詐欺やポンジスキームではないと言えます。

詐欺やポンジスキームは、実態のないサービスを虚偽の営業で売りつけて、お金を集めるような犯罪です。

COZUCHIについては、実在する土地や建物をもとにファンドが作られていますし、仕入れ会社もサービス会社も実在しています。

YouTubeでは、COZUCHIの運営会社代表の武藤氏が顔出しで投資家向けのセミナーをファンドごとに実施しており、投資家からの質問に対しても丁寧に回答しています。

具体的なファンドの場所はどこか、なぜ安く仕入れることができるのかの背景、高利回りが実現できている理由なども説明しているので、信頼性は高いと言えるでしょう。

詐欺の可能性は本当にないのか、詳細に調べた記事も紹介します。

<関連記事>COZUCHIに詐欺やポンジ・スキームの可能性はない?53万円投資している筆者が徹底分析

怪しいと感じる人の疑問③これまでの運営実績は?元本割れになったことはないの?

COZUCHIはガンポワレや配当遅延が一度もない

これまでのCOZUCHIの実績を見てみましょう。

毎月複数のファンドが募集されていて、2024年4月現在で603億円を超える累計調達金額となっていますが、COZUCHIは今まで一度も元本割れになったことはありません。

仕入れに専念している会社とCOZUCHIに専念している会社が、スピーディーに連携しているから実現できる規模と言えるでしょう。

これまでの損失が一度もないということは、しっかりと高い利回りを受け取った方しかいないことを意味します。

ここからは元本割れや実績について、より具体的に調査した記事を紹介します。

<関連記事>COZUCHIは元本割れしたことある?実績や安全性は?53万円やってみた筆者が徹底分析

怪しいと感じる人の疑問④高額なAmazonギフト券をプレゼントと謳っているけれど本当にもらえるの?

COZUCHIはAmazonギフト券がもらえることも話題ですよね。

Amazonギフト券がもらえることは嬉しいですが、「投資させておいて本当はもらえないのではないか」と不安な方もいるかもしれません。

結論として、実際に筆者はAmazonギフト券をもらえました。

筆者は以前のキャンペーンで10万円を投資して、1,000円分のAmazonギフト券を受け取りました。

メールで送られてくるため、実際の画面をお見せします。

COZUCHIのキャンペーン当選連絡

すでに筆者自身が受け取っていることが何よりの安心材料ではないでしょうか。

COZUCHI(コヅチ)が怪しいか不安な方は事前に約款や重要事項をチェック

ここまで、COZUCHIは問題ないと紹介してきました。

それでも不安な方は、ご自身の目でしっかりと約款などをチェックしてみてください。

投資前に約款、重要事項、契約前書面をチェック

COZUCHIの契約書面ページ

投資応募する際には約款、重要事項、契約前書面をチェックすることになります。

チェックしないと応募ボタンが押せないため、この項目は必ず確認できるので安心してください。

筆者がお伝えした情報に加えて、ご自身の目でしっかりと確認することで不安を解消できれば幸いです。

avatar

松本

利回りが高いと怪しいのでは?といった不安があるかもしれません。
しかし、しっかりと中身を確認していけば、詐欺などではないことは一目瞭然でしょう。

COZUCHIの公式サイトを見る

COZUCHI(コヅチ)をおすすめする2つの理由を実際にやってみた筆者が解説

COZUCHIは、これから不動産投資型クラウドファンディングを始めたい方に、ぜひおすすめしたいサービスです。

1万円の少額からでも投資できますし、運用期間が比較的短いため、資金回収のスパンも早いです。

最初は少額の出資から始めてみて、慣れてきたタイミングである程度まとまった金額を出資してみるのもいいですね。

ここからは、実際に投資中の筆者目線で、COZUCHIをおすすめする2つの理由を解説します。

おすすめする理由①COZUCHI(コヅチ)は高い利回りかつ頻繁なファンド募集が魅力

高い利回りかつ頻繁なファンド募集が魅力

ほとんどの不動産投資型のクラウドファンディングに投資をしている筆者としても、COZUCHIはイチオシになってきました。

利回りの高さが非常に魅力的で、想定利回り10%以上のファンドが何本も組成されています。

第1号キャンペーンのみ利回りが高いサービスは他にもありますが、これだけ高利回りのファンドを何度も募集してくれるサービスは珍しいです。

もちろんファンドの中身も精査していますが、全く無謀な内容ではありません。

どうしたら高い利回りを実現できるか精査した上でファンドを募集しており、専門性を発揮していることがよく伝わってきます。

さらに、ファンドの募集頻度が多いこともメリットです。

先着に間に合わなかったり抽選で外れたりしても、またすぐに次の投資チャンスが来るため、投資パフォーマンスが向上します。

総合的にかなり優れており、筆者イチオシの不動産投資型クラウドファンディングです。

おすすめする理由②COZUCHIは高級住宅街のマンションファンドも特徴的

COZUCHIは高級住宅街のマンションファンドも特徴的

高級住宅街のマンションファンドを組成することも、COZUCHIの特徴となってきました。

最近のファンドは、銀座や渋谷にある物件が投資対象です。

過去には、南麻布の広尾にある物件も募集されていました。

六本木や品川といった都心も多いですよね。

一般的に、地方よりも都心の方が人口は多く、安定性も高まります。

安定性の代わりに利回りが下がる会社が多いですが、COZUCHIは高い利回りをキープしていますので、総合的に優れているといえるでしょう。

ここにも専門性が活かされていますよね。

avatar

松本

都心の一等地に投資できることもCOZUCHIの魅力です。
個人では不可能な不動産投資ができますよね。

高い利回り&貸し倒れなしで大人気のCOZUCHI公式サイト

COZUCHI(コヅチ)の会員登録と入金方法を紹介

COZUCHIの魅力は伝わったのではないでしょうか。

次に、具体的にどのように投資するのか、ステップを紹介します。

会員登録&投資家登録方法

会員登録

画面上部、もしくは下部から会員登録ボタンをクリックして電話番号とメールアドレス、パスワードを登録します。

投資家登録

会員登録後、個人情報や本人確認書類を提出し、審査に合格することで投資家登録が完了します。

投資家登録まで完了したらファンドに申し込み、出資することが可能になります。

ファンドへの出資・入金方法

  1. COZUCHI(コヅチ)に会員登録後をして投資したいファンドを見つける
  2. 応募口数を入力して応募
  3. 当選メール(または落選メール)を受け取る
  4. 期限までに指定口座に入金

それぞれ説明します。

1.COZUCHI(コヅチ)に会員登録後をして投資したいファンドを見つける

まずは投資したいファンドを見つけます。

月に3ファンド前後が募集されますので、自由に選んでみてください。

2.応募口数を入力して応募

COZUCHIへの出資画面

投資したいファンドを見つけたら、応募口数を入力します。

1口1万円から投資できます。

3.当選メール(または落選メール)を受け取る

応募した後は結果を待ちます。

当選メールか、残念ながら落選の場合は落選メールが届きます。

4.期限までに指定口座に入金

めでたく当選した場合、期限までに指定口座に入金します。

期限を過ぎるとキャンセルになってしまうため、せっかく当選したのですから必ず入金を間に合わせましょう。

デポジット口座にお金を入れておくと入金も簡単ですよ。

avatar

松本

COZUCHIはなかなか当選できませんので、当選したら期限内に必ず入金しましょう。
メールで連絡が来ますので、忘れていても安心です。

高い利回り&貸し倒れなしで大人気のCOZUCHI公式サイト

COZUCHI(コヅチ)に関するよくあるQ&Aに回答します

最後に、COZUCHIに関してよく寄せられる質問に回答していきます。

  • キャンペーン情報は?アマギフがもらえるってほんと?
  • 出金手数料はいくら?
  • 配当金に税金はかかるの?
  • 投資したら確定申告は必要?
  • 優待ができた?内容は?

それぞれ詳しく回答します。

キャンペーン情報は?アマギフがもらえるってほんと?

COZUCHIは、2024年5月現在キャンペーンは実施されていません。

しかし定期的にキャンペーンは実施されているのでチェックしてみてください。

COZUCHIの公式サイトを見る

出金手数料はいくら?

償還・配当時のあなたの口座への振込に関しては、COZUCHI側の負担となるため無料です。

もし、運用の途中で解約して出金する場合は、ファンドを運営している会社所定の事務手数料がかかります。

マイページから申請すればいつでも買取申請ができ、承諾された後に事務手数料を差し引いた状態で振り込まれます。

<関連記事>COZUCHIは換金できる?買い方や解約まで53万円投資中の筆者がわかりやすく紹介

配当金に税金はかかるの?

分配時に20.42%(所得税20%、復興特別所得税0.42%)の源泉徴収がおこなわれます。

詳しくは、管轄の税務署に問い合わせてみてください。

※税法改正および税務当局の判断等により、上記内容が変更になる場合があります。

投資したら確定申告は必要?

分配金は税制上では雑所得の扱いになるため、総合課税の対象になります。

雑所得の年間合計が20万円以上になると確定申告が必要です。

COZUCHIで受け取った分配金以外にも全て足して計算することになります。

個人により異なることもあるので詳しくは、管轄の税務署に問い合わせてみてください。

<関連記事>COZUCHIで確定申告して税金を納めるケースを53万円投資中の筆者が解説

優待ができた?内容は?

株式投資では優待はよくありますが、COZUCHIでも優待が始まったようです。

投資家にはメールで連絡が来ました。

どのような優待なのか確認してみましょう。

外苑前のラグジュアリーサロンで割引などが可能

発表された優待では、外苑前のラグジュアリーサロン「NOTA」での割引などが可能です。

コーヒー1杯無料などもあるようです。

元々利用する予定だった方には嬉しいですよね。

avatar

松本

COZUCHIは出金手数料がかからない点もメリットです。
確定申告については利益が20万円以上出た場合は必須となりますので、必ず確認するようにしましょう。

COZUCHI(コヅチ)の運営会社情報

LAETOLI株式会社

COZUCHIは、LAETOLI株式会社(旧株式会社SATAS)が運営している不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

COZUCHIのサービスは2019年からスタートしましたが、運営会社は1999年創業の実績ある企業です。

不動産の証券化事業や不動産小口化商品を手掛けてきた実績があり、資本金も1億円あります。

LAETOLI株式会社の会社概要

会社名

LAETOLI株式会社

設立日

1999年5月20日

資本金

1億円

本社所在地

〒107-0062
東京都港区南青山2-26-1 D-LIFEPLACE南青山2F

登録免許

宅地建物取引業 東京都知事(5)77822 号
不動産特定共同事業 東京都知事 第 60 号
第二種金融商品取引業 関東財務局長(金商)第 740 号

まとめ

COZUCHIは、2019年に開始した不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

COZUCHIは怪しいとの噂や評判がありましたが、複数の投資家の口コミを見ても特に怪しい内容はありませんでした。

また、過去に元本割れは起こしておらず、損をした投資家は一人もいないことから、安心して利用できる不動産投資型クラウドファンディングといえます。

COZUCHIの運営会社は、不動産の証券化や不動産小口化商品に実績を持つ企業です。

サービスが開始されてから、すでに90以上のファンドが組成されています。

1万円の少額からでも出資でき、運用期間も比較的短いので、初心者の方にもおすすめです。

COZUCHI公式サイト

 

☆不動産クラウドファンディングに一括登録ができるFund Searchがリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.Darwin funding(ダーウィンファンディング)
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.REISMファンズ(リズムファンズ)
4.わかちあいファンド

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」も加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき500円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で2,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分の2,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は5月25日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。