「COZUCHIのキャピタル重視型ファンドとインカムゲイン型ファンドのメリット・デメリットが知りたい」

「COZUCHIのキャピタル重視型ファンドとインカムゲイン型ファンドのどちらがおすすめ?」

上記のような疑問を持っている方に、COZUCHIに投資中の筆者がキャピタル重視型ファンドとインカムゲイン型ファンドのメリット・デメリットを解説するので、ぜひ参考にしてください。

また、COZUCHIで、最大50,500円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です!

無料の投資家登録だけでも、Amazonギフト券2,000円分がもらえるお得なキャンペーンです。

この機会に無料の投資家登録をしてみてはいかがでしょうか。

COZUCHI公式サイト

 

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.わかちあいファンド
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
4.REISMファンズ(リズムファンズ)

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」なども加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は6月30日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

COZUCHI のキャピタル重視型ファンド

キャピタル重視型ファンドとは、運用益と売却益から配当金が支払われるタイプのファンドです。

ここでは、キャピタル重視型のファンドのメリット・デメリットについて解説していくので、キャピタル重視型のファンドが自身にとって合っているファンドなのか見極めてください。

COZUCHI のキャピタル重視型ファンドのメリット

COZUCHIのキャピタル重視型ファンドの最大のメリットは高い利回りです。

2024年6月現在の運用中のファンドを調べると、「4〜10.3%」という高い利回りが多いことが分かります。

また、キャピタル重視型のファンドは、実績利回りが大きく上振れする可能性が高いのも特徴です。

多くのファンドで想定利回りよりも実績利回りが高くなっており、武蔵関の不動産に投資したファンドでは、想定利回りが「16.0%」対して実績利回りが「283.5%」と大きく上振れしました。

このように、キャピタル重視型ファンドは想定利回り以上の実績利回りを得られる可能性があるため、大きく稼ぎたい方におすすめです。

COZUCHIのキャピタル重視型ファンドのデメリット

COZUCHI のキャピタル重視型ファンドは、インカムゲイン型よりも運用のリスクが高いです。

キャピタル重視型は運用益と売却益の合計額から想定利回りを算出しているため、売却益が変動しやすく、上振れだけでなく下振れする可能性もあります。

そのため、売却がうまく行かないと大きく元本割れしてしまう可能性が高いです。

他にも、キャピタル重視型ファンドは人気が高く、中には応募率が「15,903%」というファンドもあり、投資したくてもできないというデメリットもあります。

COZUCHIインカムゲイン型ファンド

COZUCHIインカムゲイン型ファンドは、運用益から配当が支払われるファンドです。

ここでは、インカムゲイン型ファンドのメリット・デメリットについて解説します。

COZUCHI インカムゲイン型ファンドのメリット

インカムゲイン型ファンドは家賃収入から配当が支払われるため、想定利回り通りになりやすい傾向があります。

そのため、キャピタル重視型ファンドよりも安定しており、リスクは低めです。

売却益が利回りに影響せず、売却金が低くなっても投資家の利回りが低くなることがないためです。

ただし、インカムゲイン型のファンドと記載されているファンドであっても、売却益から配当されるファンドもあります。

この場合は売却金が低くなってしまうと想定利回りよりも悪くなってしまう可能性があるので注意が必要です。

とはいえ、インカムゲインの配当割合が高いため、キャピタル重視型ファンドよりも影響は大きくありません。

したがって、安定性を重視したいなら、インカムゲイン型ファンドがおすすめです。

COZUCHI インカムゲイン型ファンドのデメリット

インカムゲイン型ファンドのデメリットは、キャピタル重視型ファンドのように想定利回りよりも実績利回りが高くなるケースが少ない点です。

基本的には家賃収入のみから配当が出るため、売却金が高くなったとしても利回りが高くなることはありません。

そのため、大きく稼げる機会はキャピタル重視型ファンドよりも少ないです。

とはいえ、リスクは低いので安定性を重視したい方に向いています。

まとめ

COZUCHI には、キャピタル重視型ファンドとインカムゲイン型ファンドの2種類があります。

キャピタル重視型ファンドは実績利回りが想定利回りよりも高くなる可能性があるため、大きく稼ぎたい方に向いています。

一方で、インカムゲイン型ファンドは、想定利回り通りの運用になるケースが多いため、安定思考の方におすすめです。

このような特徴の違いを理解して、自身にとって最適なファンドに投資するようにしてください。

また、COZUCHIで、最大50,500円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です!

無料の投資家登録だけでも、Amazonギフト券2,000円分がもらえるお得なキャンペーンです。

この機会に無料の投資家登録をしてみてはいかがでしょうか。

COZUCHI公式サイト

 

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.わかちあいファンド
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
4.REISMファンズ(リズムファンズ)

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」なども加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は6月30日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。