「公務員がCOZUCHIで不動産投資しても問題ない?」

「COZUCHIに投資すると公務員の副業規定に該当する?」

COZUCHIに投資を考えている公務員の中には、上記のような疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

公務員の場合、不動産投資の規模によっては副業規定に抵触してしまう可能性があるため、無理もありません。

そこでこの記事では、実際にCOZUCHIに投資をしている筆者が、公務員でもCOZUCHIに投資できる理由について解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

また、COZUCHIで、最大50,500円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です!

無料の投資家登録だけでも、Amazonギフト券2,000円分がもらえるお得なキャンペーンです。

そして、6月13日からはリセールファンドも募集されます。

解約された出資分を再募集するもので、運用期間が短くなる分、利回りが高くなるファンドです。

現在開催されているキャンペーンは、出資額に応じて最大48,500円分のAmazonギフト券がもらえるので、この機会に無料の投資家登録と、ファンドへの応募をしてみてはいかがでしょうか。

COZUCHI公式サイト

 

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.わかちあいファンド
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
4.REISMファンズ(リズムファンズ)

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」なども加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は5月31日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

COZUCHIが公務員でもできる3つの理由

COZUCHIが公務員でもできる理由には、以下の3つの理由があります。

  • 副業規定に該当しない
  • 職務専念の義務に違反しない
  • 資産運用に該当する

上記の3つの理由について解説していきます。

COZUCHIが公務員でもできる理由1.副業規定に該当しない

公務員は「国家・地方公務員法」により副業が禁止されていますが、COZUCHIで不動産投資を行うことは副業とみなされません。

禁止されているのは「営利企業の経営」や「報酬を得て」事業に従事している場合に限られているためです。

COZUCHIはあくまでも出資をするだけで不動産を保有し経営するわけではありません。

また、事業に従事することがなく、副業規定にも抵触することはないため、公務員の方でも投資が可能です。

COZUCHIが公務員でもできる理由2.職務専念の義務に違反しない

公務員には「職務専念の義務」が定められており、勤務期間中は職務に専念する必要があります。

その点、株やFXなどは随時チャートをチェックする必要がありますが、COZUCHIは株やFXなどと違って価格変動をチェックする必要がなく、一度投資してしまえば放置していても問題ありません。

また、COZUCHIのファンドの多くが抽選式の応募方法を採用しているため、募集開始時間に待機して投資手続きを行う必要がなく、仕事終わりなどにじっくりとファンドを選び投資申し込みすることが可能です。

このように、勤務時間に手続きをする必要がないことも、公務員の方でもCOZUCHIに投資できる理由になります。

COZUCHIが公務員でもできる理由3.資産運用に該当する

COZUCHIは株式投資と同じく資産運用に該当します。

資産運用は公務員でも認められているため、COZUCHIも問題ありません。

実際、iDeCoは公務員でも加入できるようになっているため、公務員の資産運用は国も推奨していると言えます。

このため、COZUCHIなら公務員の方でも安心して投資できます。

COZUCHIは公務員の方にもおすすめ

ここまで説明してきたようにCOZUCHIは、投資手続きが完了すると運用まで放置できるうえに、抽選式の募集方式が多い公務員向きの不動産クラウドファンディングです。

ただし、COZUCHIのメリットはそれだけではありません。

他の不動産クラウドファンディングと比較して利回りが高く大きく稼げる可能性がある点も、優れたメリットだと言えます。

公務員の方でも利回りが高く大きく稼げるに越したことがないため、COZUCHIは投資を考えている公務員の方におすすめの投資です。

まとめ

COZUCHIは公務員の方でも投資できます。

副業規定や職務怠慢の義務などにも抵触しないため、安心して投資することが可能です。

しかも、COZUCHIは他のサービスと比較して利回りが高いなどのメリットもあるため、不動産クラウドファンディングへの投資を検討しているならCOZUCHIをおすすめします。

また、COZUCHIで、最大50,500円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施中です!

無料の投資家登録だけでも、Amazonギフト券2,000円分がもらえるお得なキャンペーンです。

そして、6月13日からはリセールファンドも募集されます。

解約された出資分を再募集するもので、運用期間が短くなる分、利回りが高くなるファンドです。

現在開催されているキャンペーンは、出資額に応じて最大48,500円分のAmazonギフト券がもらえるので、この機会に無料の投資家登録と、ファンドへの応募をしてみてはいかがでしょうか。

COZUCHIの公式サイトを見る

 

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.わかちあいファンド
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
4.REISMファンズ(リズムファンズ)

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」なども加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は5月31日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。