投資には幅広い方法がありますよね。

不動産投資や不動産クラウドファンディングを実施している方では、匿名組合出資と任意組合出資という単語が出てくるでしょう。

どちらがどう違うのか、自分のおすすめはどちらか分からない方も多いはずですので、ここではわかりやすく解説します。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.わかちあいファンド
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
4.REISMファンズ(リズムファンズ)

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」なども加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は6月30日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

匿名組合出資は少額投資におすすめ

先ずは匿名組合出資から見てみましょう。

ほとんどの方は匿名組合出資の方が向いていると言えます。

1万円から投資できるサービスが多い

匿名組合出資の特徴として、1万円から投資できるサービスが多いです。

高くても1口10万円です。

少額投資をしたい方には嬉しいですよね。

実際に不動産を所有するわけではない

よくある誤解ですが、実際に不動産の所有権を得るわけではありません。

あくまで匿名組合との出資契約になります。

そのため相続税対策に使えない点は注意が必要です。

利益は雑所得

匿名組合出資で利益が出た場合、雑所得となります。

これは従来の不動産投資や、任意組合出資とも異なるため注意が必要です。

20万円以上の利益が出た場合は、匿名組合出資だとしても確定申告が必要になります。

無申告にならないようにしましょう。

任意組合出資は資金に余裕のある人におすすめ

任意組合出資はあまりサービス提供会社が多くありません。

資金に余裕のある一部の方向けだからでしょう。

100万円から投資できるサービスが多い

任意組合出資の場合、1口100万円から投資できるサービスが多いです。

不動産投資を一人ではできない方に向いていますよね。

実際に不動産を共同所有する

匿名組合出資との違いとして、任意組合出資は実際に不動産の所有権を得ます。

これにより雑所得ではなく不動産所得となります。

節税は任意組合出資が使える

匿名組合出資と任意組合出資の大きな違いとして、節税があると言えます。

節税目的で使われるのは任意組合の方です。

相続税を下げられる可能性がある

任意組合出資の場合、現金で資産を持つよりも資産を圧縮できる可能性が高いです。

そのため相続税対策に小口化商品を買う人も多いですよね。

この使い方は従来の不動産投資と似ています。

匿名組合出資では節税はできませんので注意して下さい。

匿名組合出資ならば貸し倒れのない不動産クラウドファンディングがおすすめ

1万円からコツコツ投資したいという方には、不動産クラウドファンディングが向いています。

匿名組合出資としてほったらかしで投資できます。

貸し倒れゼロのサービスから始めてみてはいかがでしょうか。

詳しく紹介します。

匿名組合出資の不動産クラウドファンディングとは?

なぜ不動産クラウドファンディングがおすすめなのでしょうか。

一つ目の理由として安全性があります。

匿名組合出資の不動産クラウドファンディングでは1万円から投資を始められることが一般的です。

そのため仮に損失が出ても抑えることができますよね。

さらに業界全体でも現在まで損失が出たサービスがないのです。

筆者も2年以上儲かっています。

今後も絶対に儲かるとは言い切れませんが、他の投資と比べても間違いなく安全性が高い事実がありますよね。

50以上ある不動産クラウドファンディングの中でのおすすめはCREAL

不動産クラウドファンディングは業界として成長が続いており、サービス会社も50社を超えています。

その中でも筆者のおすすめはCREALです。

CREALはすでに90個以上のファンドを組成し、累計390億円以上の募集総額となる圧倒的な実績があります。

さらに利回りがとても高く、年利にして8%のリターンが狙えるファンドも募集されます。

単にリターンが高いだけではなく、上場企業が運営していて月に何本もファンドを組成するスピードも他社より秀でており、総合力が相当に高いサービスと言えますよね。

ぜひ参考にしてみてください。

CREALの公式サイトを見る

まとめ

匿名組合出資と任意組合出資は難しいですよね。

所有権、確定申告、節税対策と、それぞれ違いが出ますので理解が必要です。

多くの方には匿名組合出資の不動産クラウドファンディングがおすすめできるでしょう。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.わかちあいファンド
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
4.REISMファンズ(リズムファンズ)

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」なども加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は6月30日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。