不動産投資を10万円などの少額かつオンラインで完結できる新しい投資手法として、不動産投資型クラウドファンディングの人気が高まり続けています。

不動産投資型クラウドファンディングでは従来の不動産投資のような何千万円という資金や借金が不要で、専門知識や時間のかかる作業も必要ありません。

サービス会社は50社以上に増えていて業界自体がとても活況ですが、ここでは「Victory fund(ビクトリーファンド)」という新しいサービスをご紹介します。

筆者はほぼ全ての不動産投資型クラウドファンディングに登録または投資をしていますので、他社と比較した上でしっかりと分析しました。

少額から不動産投資をしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Victory fund (ビクトリーファンド)の公式サイトはこちら⇒

 

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.わかちあいファンド
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
4.REISMファンズ(リズムファンズ)

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」なども加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は6月30日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

Victory fund(ビクトリーファンド)に関するTwitterの評判・口コミを紹介

まずは、Victory fund(ビクトリーファンド)についてのリアルな声を、X(旧Twitter)から紹介していきましょう。

Victory fund(ビクトリーファンド)に関する評判・口コミ①

Victory fund(ビクトリーファンド)に関する評判・口コミ②

Victory fund(ビクトリーファンド)に関する評判・口コミ③

Victory fund(ビクトリーファンド)に関する評判・口コミ④

Victory fund(ビクトリーファンド)に関する評判・口コミ⑤

Victory fund(ビクトリーファンド)に関する評判・口コミ⑥

Victory fund(ビクトリーファンド)に関する評判・口コミ⑦

Victory fund(ビクトリーファンド)に関する評判・口コミ⑧

Victory fund(ビクトリーファンド)に関する評判・口コミ⑨

Victory fund(ビクトリーファンド)に関する評判・口コミ⑩

Victory fundは、2021年3月に開始した新しいサービスながらも、すでに注目が高まっていますね。

口コミを見る限りでは、投資家からの印象も良いのではないでしょうか。

Amazonギフト券がもらえるキャンペーンは大人気ですし、これだけ情報が集まることも安心材料ですよね。

Victory fund(ビクトリーファンド)のメリット・特徴5選

つづいて、Victory fundの5つのメリット

  • 非常に高い予定利回り
  • 最低投資額10万円
  • 優先劣後方式を導入
  • 大型案件で投資しやすい
  • インカムゲインとキャピタルゲインの両方狙える

について順番に紹介をしていきます。

Victory fund(ビクトリーファンド)のメリットと特徴1.相場より高い予定利回り

Victory fundは非常に高い予定利回りが特徴です。

不動産投資型クラウドファンディングの利回り平均は4%ほどですが、2024年5月までに組成された23件のファンドは、ほとんど8%以上となっています。

間違いなく、不動産投資型クラウドファンディング業界でもトップクラスの高い利回りと言えるでしょう。

Victory fund (ビクトリーファンド)のメリットと特徴2.最低投資額10万円

Victory fund (ビクトリーファンド)のメリットと特徴2.最低投資額10万円

Victory fundは1口1万円で、最低投資額が10万円となっています。

不動産投資型クラウドファンディングにおいて最低投資額は1万円~100万円と幅がありますが、10万円は相場であり手頃ではないでしょうか。

Victory fund(ビクトリーファンド)のメリットと特徴3.優先劣後方式を導入

Victory fund(ビクトリーファンド)のメリットと特徴3.優先劣後方式を導入

Victory fundは優先劣後方式を導入しています。

1号案件では募集金額が2億7,500万円、売却予定金額を3億7,000万円としており、そのうち2,800万円をVictory fundの運営会社が劣後出資しました。

この出資割合であれば、仮に10%ほどの損失が出た場合でも投資家の元本と利息が守られるため、安全性の高いスキームと言えるでしょう。

Victory fund(ビクトリーファンド)のメリットと特徴4.大型案件で投資しやすい

不動産投資型クラウドファンディングの特徴として、人気がありすぎて一瞬で募集が完了してしまい、いつまでも投資できないリスクがあります。

どこにも投資できない資金は金利0%と同じですので、投資効率としては最も悪くなってしまいますよね。

Victory fundは3,000万円~5億円台という大型案件を手掛けているため、完売までに時間がかかり、応募しやすいというメリットがあります。

「現保有者による月額150万円の賃料保証を含む賃料収入」など条件も良く、今まで投資できなかった人にも高利回りで投資できるチャンスかもしれません。

Victory fund(ビクトリーファンド)のメリットと特徴5.インカムゲインとキャピタルゲインの両方狙える

Victory fund(ビクトリーファンド)のメリットと特徴5.インカムゲインとキャピタルゲインの両方狙える

Victory fundは利回り10%など、高利回りが魅力的ですよね。

なぜ高利回りが可能になるかというと、インカムゲインとキャピタルゲインの両方が狙えるファンドを組成しているためです。

どちらかだけですと利回りは低く、他の不動産投資型クラウドファンディングではVictory fundの半分以下もたくさんありますから、利回り重視の方には間違いなくおすすめの不動産投資型クラウドファンディングと言えるでしょう。

Victory fund (ビクトリーファンド)の公式サイトはこちら⇒

Victory fund(ビクトリーファンド)は高利回りすぎて怪しい?デメリット・注意点を解説

Victory fund(ビクトリーファンド)は、とても高い利回りのため「怪しいのではないか」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし高利回りでも元本割れなどは起こっておらず、実際には安心して使えるサービスになっています。

ですが、デメリットや注意点はあるので投資をする前に確認しましょう。

Victory fund(ビクトリーファンド)のデメリット・注意点1.不動産投資型クラウドファンディングの実績は未知数

Victory fundは20年以上の実績がある企業が運営しているので、運営会社に対する心配は不要でしょう。

ただし、不動産投資型クラウドファンディングについては、組成された23件のファンドのうち、19件が運用を終了しているだけです。

これからの実績はまだまだ未知数となります。

それゆえに他社よりもはるかに高い利回りが狙えますので、運営会社を信頼できるという方にはとても魅力的な投資になるかもしれません。

Victory fund(ビクトリーファンド)は高利回り案件を狙いたい人におすすめ

Victory fundは第23号案件まで募集が終了していますが、ほとんど予定利回りが8%を超えています。

8%を超える予定利回りは、今ではまず見つけられませんので、高利回りを狙いたい方におすすめです。

募集金額も余裕があって完売しづらいため、しっかりと調べた上で投資することもできます。

1号案件は浅草の商業ビルで、現保有者による賃料保証が付いているなど好条件でした。

ハイリスク・ハイリターン型でなくても、高利回りが期待できる好機ではないでしょうか。

Victory fund(ビクトリーファンド)にキャンペーンはある?

不動産投資クラウドファンディングでは、新規会員登録などでギフト券がもらえるなど、キャンペーンが実施されることがあります。

Victory fundでキャンペーンはあるのか、最新情報をお伝えします。

Victory fund(ビクトリーファンド)は現在キャンペーンを行なっていない(2024年5月時点)

Victory fundは2024年5月時点キャンペーンを行なっていません。

ただ、過去にはキャンペーンを行なっているので、チェック必須です。

Victory fund(ビクトリーファンド)は会員登録でAmazonギフト券1,000円分がもらえるキャンペーンを過去に開催

Victory fundでは、新規に会員登録をするとAmazonギフト券が1,000円分もらえるキャンペーンを過去に開催しています。

多くのクラウドファンディングでは投資額に応じてキャッシュバックなどはありますが、新規登録するだけで必ずもらえるのは間違いなくお得ですよね。

2024年5月時点ではキャンペーンを実施していませんが、2021年3月のサービス開始から2回開催されていますので、今後も期待できるかもしれません。

気になる方は、公式サイトで最新情報を確認してみてください。

Victory fund (ビクトリーファンド)の公式サイトはこちら⇒

Victory fund(ビクトリーファンド)は投資リスクを大幅に抑えられる優先劣後方式を導入

Victory fundは、運営会社の「カチデベロップメント株式会社」も出資をする「優先劣後方式」という、投資家には非常に有利な共同出資方法を導入しています。

優先劣後方式とは、投資をする不動産物件に対して、私たち一般の投資家だけではなく、運営会社のカチデベロップメント株式会社も共同出資をする構造です。

カチデベロップメント株式会社も、共同出資によって投資家と一緒にリスクを負うため(損をするリスクは運営会社が多く取る)、投資先の不動産物件選定にはより慎重になるわけですし、投資家としては目利きや専門性についての安心材料にもなりますよね。

Victory fund(ビクトリーファンド)と利害が一致する共同出資

この「優先劣後方式」と対照的な例が証券会社です。

証券会社の収入は売買手数料のため、投資家が株式売買で利益を得ようが損をしようが、証券会社は儲かってしまいますね。

そのため、証券会社はどんな状況でも常に売買を推奨しますので、証券会社を安易に信用して売買することはおすすめできません。

投資家が大損しようが証券会社は儲かってしまうので、利害は矛盾しています。

良い悪いではなく、ビジネスモデルが違うのです。

一方で、Victory fundのカチデベロップメント株式会社は投資家以上のリスクを負うわけですので、利害が一致しており、投資先の信頼性が高まると言えるでしょう。

Victory fund(ビクトリーファンド)の優先劣後方式は運営会社が投資家の元本と利回りまで保護

優先劣後方式の場合、万が一家賃収入が減る、または不動産価格の下落が起きて収益が落ちたとしても、Victory fundの出資割合分の全てが無くなるまで投資家の元本は一切崩されません。

さらにこの仕組みでは、投資家の元本だけではなく利回り分まで保護されます。

株式投資や従来の不動産投資には存在しない、独特な方式ですよね。

このようにVictory fundでは、不動産物件の選定から運用管理、資金調達、買付から売却、投資のリスク対策まで、投資家にとってはほったらかしというラクな条件にも関わらず、とても有利な投資ができます。

この優先劣後方式のおかげで、Victory fundで元本割れが起きる確率はかなり低いと考えられるため、投資リスクを低く抑えた投資としておすすめできるのです。

Victory fundなら、運営会社に守られながら投資できますね。

Victory fund(ビクトリーファンド)を始めるステップを紹介

実際に、Victory fund (ビクトリーファンド)でクラウドファンディング投資を始めるステップをお伝えします。

ステップ1.会員登録(ホームページから)

まずは、ホームページから会員登録を行いましょう。

本人確認の方法は、スマホと郵送の2種類から選ぶことができ、

  • スマホの場合
    仮登録→スマホで本人確認→会員本登録
  • その他で会員登録を行う場合
    仮登録→本登録→本人確認書類

と進みます。

マイナンバーをお持ちでない個人、非居住者、20歳未満、75歳以上の方は利用できないので、あらかじめ確認しておきましょう。

ステップ2.出資申し込み

登録が完了したら、ファンドに出資応募ができます。

出資が確定したら出資金を振り込み、運用開始です。

Victory fund(ビクトリーファンド)の運営会社情報

Victory fund(ビクトリーファンド)の運営会社情報

Victory fundは「カチデベロップメント株式会社」が運営を始めた新しい不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

東京都中央区日本橋室町にオフィスがあり、平成9年から不動産業を営んでいます。

実績豊富な不動産業者が運営するプロジェクトですので、安心できますよね。

カチデベロップメント株式会社の会社概要

会社名

カチデベロップメント株式会社

設立日

平成9年7月7日

資本金

13,425万円

本社住所

東京都中央区日本橋室町1-5-15 昇賢ビル2階

許認可

宅地建物取引業東京都知事(4)第79547号

まとめ

Victory fund(ビクトリーファンド)は、不動産投資型クラウドファンディング業界の中でも最も高い水準の利回りが特徴です。

募集金額が大きいため、しっかり調べた上で余裕を持って応募できますよね。

家賃保証や予定売却価格、運営会社による劣後出資などを考えても、無謀な利回りではないでしょう。

高いリターンを狙いたい投資家に、ぜひおすすめしたいサービスです。

Victory fund (ビクトリーファンド)の公式サイトはこちら⇒

 

☆不動産クラウドファンディングに簡単分散投資ができるサービス「Fund Search」がリリース!☆

不動産クラウドファンディングは、これまで一社ごと会員登録手続きが必要でした。

どのサイトでも同じような情報の入力が必要で、毎回、顔認証や本人確認書類での登録作業をすることに面倒だと感じていた方も多いのではないでしょうか。

そんな中、複数社の会員登録を一括で済ませられる「Fund Search(ファンドサーチ)」が登場しました。 

複数社に登録することで、投資機会を多く得られ、資金効率をよくすることができます。

また、分散投資のためにも複数社への登録はしておくべきでしょう。

リリース直後のため、現時点で一括登録できるサービスは下記の4社のみとのことです。

1.わかちあいファンド
2.DAIMLAR FUND(ダイムラーファンド)
3.DARWIN funding(ダーウィンファンディング)
4.REISMファンズ(リズムファンズ)

今後、会員数日本最大の不動産クラウドファンディング「利回りくん」や、不動産クラウドファンディングの中でも運営歴が5年以上ある老舗の「Fantas funding」なども加盟予定のようです。

そんなFund Searchが、リリース記念として1社登録につき1,000円分のAmazonギフトカードをプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大4社で4,000円分

最短5分で完了する無料会員登録手続を一度済ませるだけで、4社分4,000円分のAmazonギフト券をもらえるのはうれしいですよね。

※既に投資家登録をしているサービスがある場合、登録済みのサービスのみAmazonギフト券プレゼントの対象外になりますが、一括会員登録自体は問題なく実施できます。

リリース記念は6月30日までですので、気になる方はお早めに登録しておくことをおすすめします。

Fund Searchの公式サイトを見る

本サイトのコンテンツは事業者の公式サイトから抜粋した情報をもとに執筆者個人の感想を加えたものです。正確な情報は、事業者の公式サイトにてご確認ください。なお、本記事は情報提供を目的としており、特定商品・ファンドへの投資を勧誘するものではございません。投資に関する意思決定は、事業者の公式サイトにて個別商品・リスク等の内容をご確認いただき、ご自身の判断にてお願いいたします。